西邦電気工事株式会社

COMPANY会社概要

安全衛生の取り組み

私たちは安全衛生活動に取り組むことで、
社員の安全・健康を守り、地域の皆さまの信頼に応えてまいります。

安全衛生基本方針及び行動指針。

安全健康を最優先に考える
快適で明るい職場づくりの推進

  • ①個人を尊重し、コミュニケーションがとれる活力ある職場づくりを推進する
  • ②作業手順・ルールを再確認し、基本動作及び基本事項を遵守する。
  • ③日常的に、整理・整頓・清掃に努め快適な職場づくりを実施する。
  • ④営業所管理職によるライン監理の強化に努める。
- 令和2年 安全衛生スローガン -
安 全:みんなで決めた 決まりとルール 守るあなたが守られる
衛 生:心と体の健康チェック みんなで進める健康職場

安全大会

「安全と健康は全てに優先する」の基本的考えのもと、安全文化・意識の職場醸成を図り、災害ゼロの達成と継続を目的とした全社員参加の安全大会を開催しています。
また安全大会は、日常交流の少ない他営業所の社員との貴重なコミュニケーションの機会にもなっています。

安全会議・安全教育

各職場では、「ルールを守りゼロ災達成」「みんなで進める健康管理」を合言葉に、災害のない明るい職場づくりを目指して、安全会議や安全教育を定期的に実施しています。
安全会議では、安全な作業方法・作業環境から衛生面の健康保持増進に至るまで幅広く取り組んでいます。
安全教育は、新入社員教育をはじめ現場内OJTにも力を入れています。また社外の安全関係講習会の受講にも積極的に取り組んでいます。

資格取得支援

資格取得については積極的に支援を行っています。

・資格取得講座への派遣(各種研修教育機関など)
・受験費用の負担
・合格祝金の贈呈
・自主勉強会の開催
・資格手当の支給

国土交通省より新しい資格として、2019年から『電気通信工事施工管理技術検定』が始まりました。
第1回の電気通信工事施工管理技士合格に向けて、御船営業所では早朝から自主勉強会の開催に多くの社員が参加し合格に向けて学習しています。

金の隈研修センター

九州電力送配電(株)の配電委託工事に従事する社員は、九州電力の配電委託工事会社14社が共同で運営する金の隈研修センターで、技術力の向上および、新技術の習得に努めています。
研修センターでは、新入社員から中堅社員・班長主任・管理職と階層別に、充実した研修設備を使用して、経験豊富な講師陣による教育を受けることが出来ます。